大阪市住吉区、東住吉区でインプラント治療を行うなら、さくら歯科 針中野

さくら歯科 針中野院でインプラント


【 相談無料 】 携帯・スマートフォンからも通話料無料で相談できます。

インプラントに関する悩み・疑問を相談

さくら歯科 針中野院でインプラント

インプラント治療前のCT撮影を含む検査無料で受けられます。

大阪市住吉区、東住吉区でインプラント治療を行うなら、さくら歯科 針中野

名称: さくら歯科 針中野院

院長名: 請田裕己

郵便番号: 546-0011

所在地: 大阪府大阪市東住吉区針中野3-1-30 アクティオーレ針中野101

お電話でお問い合わせは >> コチラ

診療エリア: 大阪市住吉区、東住吉区

大阪市住吉区、東住吉区でインプラント治療を行うなら、さくら歯科 針中野

↑↑↑↑↑↑
インプラントに関する悩み・疑問を解決

インプラントについて

いつまでも素敵な笑顔

歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

インプラント埋入手術では、術中、痛くて我慢できないことはまずありません。


麻酔が効いたことを確認した上で手術に取りかかるためなんです。手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みを感じることもあります。



痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、激しい痛みが長く続くことはあまりありません。

様々なインプラント治療の問題点をいろいろな情報媒体から調べているでしょうが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という問題はありませんでしたか。
それは気にしないでください。


確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査で問題になることはまずありません。インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根部が残っているかどうかの違いです。


虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部を支えとして残すことができれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンという義歯をはめられます。

これに対し、抜歯した後は、入れ歯もありますが、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を検討することになります。


現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく検査の段階で断られることもあります。

けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。

歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療は決して不可能ではありません。通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れた後、義歯だとわかることはまずありません。あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な感じを保てるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、これは義歯だと思われることも考えなくて良いのです。自然な見た目を重視している場合、この治療方法を選ぶべきでしょう。がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終わるとその状態を保たなければならず、アフターケアが寿命を決定しますね。
毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールに注意を払い、さらに定期的な検診を欠かさず継続する必要はずっと続きます。インプラントが虫歯になることはありませんが、日頃のケア次第でいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医に頼るしかなければ、海外に渡ってでも治療を受けるという手段もあります。

インプラント治療は北欧諸国が特に進んでおり、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。



寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、そう簡単に断念せず、可能な限りの情報を集めるしかありません。



どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、かなりの費用を要することは確かです。


さくら歯科 針中野院でインプラント さくら歯科 針中野院でインプラント
この治療が保険適用になるのはごく少数例で、その条件はとても厳しいのです。

普通は治療の全てが自費になるのが費用を押し上げる最大の原因なんですね。

現状では最低線が十数万円、難しい治療を受けるケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることを承知しておく必要があります。



様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることなんです。
治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど全ては歯科医の裁量にかかっており差は大きいと断言できます。

インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法だと言えます。歯科医選びに全力を尽くすことが治療全体の大きな部分を占めます。長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、ケアはそこで終わりではありません。
治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。



口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、毎日欠かさず行うようにしましょう。歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのなんです。
その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。
治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてくださいね。
インプラント治療の大きな問題は、費用の問題も大きいと思います。
保険適用外のケースが圧倒的多数で、当然のように全て自由診療になってしまうのでインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差が出てきます。また、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることも事実なんですね。また、定期的なメンテナンスも必要点も知っておく必要があります。



典型的なインプラント治療は、3つのハードルを越えなければなりません。まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
というのが大まかなプロセスなんですね。この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。



義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ義歯と人工歯根のことなんですね。ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯の根元が骨に埋まっているので残った歯と同じような使用感があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。
インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。全てのインプラント患者にとって、治療費が気になるのは当然なんです。現実には、治療費といっても歯科医院それぞれで幅があるのが普通なんですね。インプラント治療はほとんど自由診療のため、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものなんです。インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的なんですね。

新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、他の治療法と同様、注意すべき点があります。それは、誰にでも適用できる治療法ではないことなんですね。

どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうケースがあり得ます。



そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は本物の歯に匹敵する耐久性があるというケースが増えていますね。すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間の使用も問題ありませんが、ケアが十分でなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうと思ってくださいね。



どうにもならない虫歯で、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのなんですね。
ブリッジという選択肢もありましたが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、最終的にインプラントを選びました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたので私の場合は、インプラントが最適でした。インプラント治療を希望する代表例として、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいなどの要望があるケースです。ブリッジ治療で考えると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。



インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯だけを根元から再生する治療になります。他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという希望がある方には歯科医からインプラント治療をすすめられるはずなんです。インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは人工物を入れられた違和感を感じていますね。
数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにここはぐっと我慢してください。もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。
急患でも診療を受けることが必要なんです。

今流行りのインプラント。


一度埋め込めばその効果は原則的には一生持つとされていますが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。

さくら歯科 針中野院でインプラント さくら歯科 針中野院でインプラント

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。

加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、あごの骨が浸食されてしまう場合もあり、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点なんです。
義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントが定着しなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を損傷する危険性もあります。

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。



手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間の経過ともに落ち着くのが自然な流れです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、違和感がおさまらないときは歯科医の判断を仰ぐことを忘れないでください。



インプラントは人工歯なので永久に虫歯から免れますが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングが必ず求められます。
ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があればインプラント周囲炎を疑ってくださいね。放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから即刻診断を受ける必要があります。


インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の費用が負担となる方もまだまだ多いのです。

それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社のローンで支払いができる便利な歯科医院も多くなってきました。
現金で費用を一括払いする必要なく、インプラント治療に取りかかることはあきらめなくて良くなりました。
インプラント治療も医療行為ですが、ほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。

医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。
確定申告の一項目として、医療費控除は税金の還付を申告します。

確定申告を行うときには、医療機関で必ず発行している領収書が医療費を払った唯一の証明ですからなくしたらおしまいのものとして保管しておくことをすすめます。他の歯科治療と同じように、インプラントにも様々な点で、失敗が起きる可能性があります。
インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの外見が損なわれる可能性もあります。このような危険をできるだけ避けるために、くれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。



言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、治療後はほっておいていいとは誰も言っていません。

傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。
自分の歯のお手入れと同じように歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。



歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を掘って、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

ですから、見た目を考えれば多くのケースではインプラントが優るというべきでしょう。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる覚悟もしなければなりません。普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、入院する必要はまずありません。出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。
加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。
腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

このような難しい治療を行う場合、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。
金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など人体への親和性が極めて高い素材を使って作られているためです。


インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費と考えてください。ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが治療や手術への心配がなくなるでしょう。